【不動産ニュース】国土交通省 町田の団地でグリスロ活用の高齢者送迎事業|R.E.port
2019年12月4日 09時26分
no image
国土交通省は3日、社会福祉法人悠々会が鶴川団地(東京都町田市)において、グリーンスローモビリティ(略称:グリスロ)による高齢者送迎サービスを開始したと発表。グリスロの自家用有償旅客運送による本格事業開始は、全国初となる。  グリスロは、電動で時速20km未満で公道を走ることが可能な4人乗り以上のパブリックモビリティ。環境への負荷が少なく、狭い路地も通行が可能なため「新たなモビリティ」として期待されている。同省は、高齢化が進む地域での地域内交通の確保や、観光資源となるような新たな観光モビリティの展開など、地域が抱えるさまざまな交通の課題の解決と、地域での低炭素型モビリティの普及を同時に進められるグリスロを推進している。  鶴川団地での送迎サービスは、同団地に居住する高齢者を対象に、鶴川2・5・6丁目団地と同団地センター名店街との間を運行。年間500円の登録料が必要で、利用の際は電話で予約。ゴルフカート型(4人乗り)2台で運行する。 https://www.re-port.net/article/news/0000060827