【再開発NOW】千代田区の再開発「西神田三丁目北部地区地区計画」千代田ファーストビル
2019年12月16日 07時30分
no image
 最近話題にあがらなくなったあの再開発、今はどうなってるんだろう?という現場に直行!現地取材を敢行してくる企画「再開発NOW」毎週月曜日に公開中です。  水道橋駅・飯田橋駅・九段下駅・神保町駅の中央に位置し、商業・業務・工業・住宅が混在した地域だった地域。居住地域から業務地域へと変貌を遂げつつ有り、夜間人口が急激に減少したことを受け、街の再生を目的に計画された「西神田三丁目北部地区地区計画」。東と西と南にそれぞれ1棟ずつ建てられ、西棟は「ラ・トゥール千代田」として建設され、東棟は千代田ファーストビル東館、南棟は千代田ファーストビル南館として建設された。 建築名:西神田三丁目北部地区地区計画(千代田ファーストビル) 住所:東京都千代田区西神田三丁目 用途:オフィス、集合住宅 敷地面積:約1.9ha 延床面積: 事業主:西神田三丁目北部西地区市街地再開発組合 設計:日建設計 施工:三井住友建設(千代田ファーストビル南館)、熊谷組・淺沼組・三井住友建設・森本組・鉄建建設JV(千代田ファーストビル東館)、ラ・トゥール千代田(熊谷・三井住友・森本建設共同体) 着工: 竣工:2004/1 撮影日:2019/11/28