【不動産ニュース】アパ、京都駅前に全400室のホテル開業|R.E.port
2019年12月12日 09時25分
no image
アパホテル(株)は10日、「アパホテル<京都駅東>」(京都市下京区、全400室)を開業した。京都市内では第6弾目となる。  京都市営地下鉄烏丸線「京都」駅徒歩1分に立地。地下鉄のほかJR各線、新幹線、近鉄線が乗り入れる同駅烏丸中央口側に位置する。  観光需要が高いことから、客室の約65%にあたる261室に同社として初めて幅1,800mmのキングサイズベッドを標準採用。残りの約35%はすべてツインルームとし、ツインルーム同士をつなげて最大4人まで利用可能なコネクティングルームや内装グレードを高めたデラックスツインルームなどさまざまなニーズに応えられる仕様とした。1階には露天風呂付きの大浴場(人工温泉)を設けた。  客室には、全室50型以上の大型液晶テレビを設置し、館内案内をテレビ画面上に集約表示した「アパデジタルインフォメーション」(日本語・英語・繁体字・簡体字・韓国語に対応)を導入。大浴殿の混雑状況をリアルタイムに把握できるほか、自身のスマホからYouTubeの動画や写真などをテレビ画面に映すことができる「ミラーリング機能」やチェックアウト10分前に通知が表示され、テレビリモコンでチェックアウト時間の延長手続ができるセルフ延長機能を搭載した。  全予約経路対応のチェックイン機に加え、クレジット決済に特化した小型の卓上型チェックイン機を導入。ルームカードキーを投函するとリアルタイムでチェックアウト処理が行なわれる「エクスプレスチェックアウトポスト」を設置し、チェックアウト処理の自動化も行なっている。  通常料金はキングベッドルームの1人利用で2万2,000円~。 https://www.re-port.net/article/news/0000060895