【不動産ニュース】ツクルバ 賃貸住宅併設のコワーキング|R.E.port
2019年12月13日 09時19分
no image
(株)ツクルバは12日、「co-ba ebisu」(東京都渋谷区)を開業した。  東急東横線「代官山」駅徒歩3分、東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅徒歩5分、JR山手線「恵比寿」駅徒歩7分。日本郵政(株)が保有する賃貸マンション「JP noie 恵比寿西」の1~2階で展開する。2フロアの合計は約1,600平方メートル。  1階はフリー席やブース席の他、個室を用意したコワーキングエリア。個室は、カスタム個室とオフィス個室を設けている。共用部にはイベントスペースやバー、ショーケースなども設置した。  2階は賃貸住宅20戸を用意、職住近接を支援する。内廊下のスペースにはテーブルセットなどを設け、住まいながらコミュニケーションが形成されるような工夫もしている。  利用料金は、フリーアドレスを毎日好きなだけ使用できる「Everyday」が月額3万3,000円、壁で囲われたブース型の固定席が月額7万1,500円、ガラス窓で囲われた個室が25万8,500円~など。  レジデンスフロアは、間取りは1R・1DK・1LDK、専有面積は30.80~57.29平方メートル、賃料は25万6,500~45万6,000円。 https://www.re-port.net/article/news/0000060913