【不動産ニュース】国土交通省 世代住宅ポイント、11月申請は新築で1万3,540戸|R.E.port
2019年12月16日 09時11分
no image
国土交通省は13日、11月末時点の次世代住宅ポイント制度の実施状況について発表した。  消費税率10%への引き上げ後の住宅購入等を支援するため、一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して商品と交換できるポイントを付与するもの。  ポイント申請受付状況は、11月が新築1万3,540戸、リフォーム1万8,702戸、合計3万2,242戸となった。累計では、新築が4万2,080戸、リフォームが2万9,284戸、合計で7万1,364戸。  ポイント発行状況(予約申請を含む)は、11月が新築7,710戸(26億6,069万4,000ポイント)、リフォーム3,904戸(2億245万5,000ポイント)、合計で1万1,614戸(28億6,314万9,000ポイント)。累計では、新築が3万1,355戸(108億9,800万ポイント)、リフォーム8,613戸(4億1,473万9,000ポイント)、合計3万9,968戸(113億1,273万9,000ポイント)。 https://www.re-port.net/article/news/0000060927