【不動産ニュース】【パナソニックセンター大阪】住空間展示「家族の夢中を応援する家」をオープン ダイハツとのコラボレーションで子育て家族のくらしを提案|by PR TIMES
2019年12月16日 10時30分
no image
パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)とのコラボレーションによる住空間展示「家族の夢中を応援する家」を2019年12月20日(金)、パナソニックセンター大阪(大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪 南館内)内にオープンします。 「家族の夢中を応援する家」は、子育て世代向けのリノベーションアイディアをリアルに表現した、住まい空間の展示です。特徴はとことん趣味を楽しむための開放的で多目的なコミュニティルーム。ガレージスペースには、ダイハツのファミリー軽乗用車「Tanto(タント)」を展示し、アウトドアでも日常でも好きなことに夢中になれる、クルマと住まいのアクティブなくらしを提案します。 展示にはモデル家族のストーリーを設定。「まちの保育園・こども園」代表の松本 理寿輝氏のチーム(まちの研究所)を監修に迎え、子どもの主体性を反映する住まいづくりやコミュニティルームに集う友人や近隣の方との交流を通じて、家族が一緒に成長していく姿を描きます。 【住空間のポイント】 (1)交流を生む空間レイアウト LDKや寝室などのプライベートな居住スペースを2階に集約して、1階に大きな開口のガレージとつながる大空間を配置。コミュニティを大切にするオープンなくらしの志向を象徴します。 (2)趣味を楽しむコミュニティルーム ボルダリングができる壁や子どもの提案で出来た木登りの柱など、体を動かすアトラクションを備えます。またアウトドア用品をクルマに積みやすい機能的な収納棚などが活動的な家族をサポートします。 (3)「ラスティック」なインテリアスタイル 丸太やレンガなどを素朴に仕上げ、自然の持つ暖かさや生命力を感じられる内装。使い込まれるほどに風合いを増し、子どもの成長とともに経年変化も楽しめるスタイルです。 本リノベーションは1階が店舗として使用されていた町家物件を有効に活用したアイディアです。パナソニックセンター大阪は、不動産や資金計画、リフォームなどを総合的に相談できるコンシェルジュサービスを提供しており、お客様の様々な可能性を提案し、理想の住まいづくりをサポートします。 同センターでは、オープンにあわせて住空間のポイントを紹介するミニツアーを開催します。また2020年1月上旬には、「まちの研究所」スタッフによる、こども向けのワークショップを予定しています。 ■ダイハツ工業株式会社(DAIHATSU MOTOR CO.LTD.) https://www.daihatsu.com/jp/company/index.html ■ダイハツ軽乗用車Tanto(タント) https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto ■まちの保育園・こども園代表 松本 理寿輝(Rizuki Matsumoto) https://machihoiku.jp http://machiken.jp ■パナソニックセンター大阪 自分らしい夢や想いをかたちにしたいという大人世代に対し、「Re-Life Story(リライフストーリー)~もっと、人生を、新しく」をテーマに、さまざまなタイプの住空間を提示し、ライフスタイルの提案とその実現をサポートするショウルームです。リフォームや不動産、インテリアなどの専門コンシェルジュがご相談を承ります。 【お問い合わせ先】 ■パナソニックセンター大阪 http://panasonic.com/jp/center/osaka 住所:〒530-0011 大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪 南館2階~地下1階 TEL:0800-170-3860(受付時間 10時00分~20時00分) アクセス:https://www.panasonic.com/jp/corporate/center/access.html 開館時間:10時00分~20時00分 休館日:不定休 但し、地下1階リビングフロアは水曜日(祝日は除く)、夏季・年末年始休館 パナソニックのショウルーム・見学施設 http://www.panasonic.com/jp/corporate/ad/experience.html リリース元:PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003669.000003442.html