【不動産ニュース】長谷工コミュニティ、新横浜に交流型レンタルオフィス第3弾|R.E.port
2019年12月25日 09時16分
no image
(株)長谷工コミュニティは23日、交流型レンタルオフィス「ビステーション」シリーズの第3弾「ビステーション新横浜」(横浜市港北区)を2020年2月1日に開業すると発表。利用者の募集を開始した。  同シリーズは、「“つながり”を生む情報発信拠点」をコンセプトに、同社のマンション管理で培ったコミュニティ形成ノウハウを生かして展開している。16年12月に「新橋」、19年4月に「福岡天神」を開業した。  「新横浜」は、JR他「新横浜」駅より徒歩5分に立地。1~6人が収容可能な個室26室に加え、同エリアのレンタルオフィスとしては珍しく、コワーキングスペース9席も併設。スタートアップやフリーランス、士業、静岡・名古屋・関西方面の企業の出先機関としてのニーズも取り込んでいく。このほか、会議室1室を設けた。きめ細かいサービスの提供や各種セミナーの開催を通じて、ビジネス交流を支援する。  月額会費はレンタルオフィスが4万7,000円、コワーキングスペースが1万円。会議室については、1時間当たりの利用料が1,000円。 https://www.re-port.net/article/news/0000061018