【不動産ニュース】首都圏不動産公正取引協議会 賃貸ネット広告、調査24社の7割に「おとり」|R.E.port
2019年12月25日 09時23分
no image
(公社)首都圏不動産公正取引協議会は23日、「インターネット賃貸広告の一斉調査報告」を公表した。  同協議会のポータルサイト広告適正化部会を構成するアットホーム(株)、(株)CHINTAI、(株)LIFULL、(株)リクルート住まいカンパニーの4社が運営する不動産情報サイトにおいて、2019年9~11月に掲載されていた賃貸住宅広告から、一定のロジックに基づき、契約済みの「おとり広告」の可能性が極めて高い256物件を抽出。これらを掲載している事業者(24社27店舗)を調査対象とした。  このうち、256物件のうち40物件(15.6%)が「おとり広告」として認められた。事業者別では24社中17社(70.8%)、店舗別では27店舗中17店舗(62.9%)に「おとり広告」があった。  違反のあった17社については、内容に応じて一定の措置を講ずる。 https://www.re-port.net/article/news/0000061020