【ニュースな物件】立川市の新街区「グリーンスプリングス」立飛ホールディングス
2019年12月26日 07時30分
no image
 立川駅の北、イケアに向かう道すがらにあった一面の草原。一時期はガチョウの親子が放し飼いされており、都会の風景から突然牧歌的な風景に様変わりしていた土地。その広大な敷地約38,900㎡で計画された立飛ホールディングスによる立川市の新街区「グリーンスプリングス」が来年4月10日オープンを目前に急ピッチで建設作業が進められていた。約2,500席のホール、全客室が50㎡以上・バルコニー付きのホテル、商業施設が計画されていおり、それらの建物が囲むような形で約10,000㎡の中央広場がある。 立川新街区「グリーンスプリングス」、4月10日よりテナント順次開業|立川経済新聞 https://news.real-net.jp/pickup/109994