【不動産ニュース】日本不動産研究所 オフィス投資インデックス、総合収益率横ばい|R.E.port
2019年12月26日 09時21分
no image
(一財)日本不動産研究所(JREI)は、2019年6月末時点の「JREIオフィス投資インデックス(JOIX)」を公表した。全国13都市81ゾーンに設定された地価公示地点からオフィスビル適地を選定し、当該地点上に最有効使用のオフィスビルを設定、調査したもの。半期(6・12月末)ごとに実施している。  総合収益率(インカム収益率+キャピタル収益率)は、東京都心5区が10.03%(前期比0.05ポイント低下)と概ね横ばい。大阪市15.37%(同0.27ポイント上昇)となった。  インカム収益率(純収益÷期首の資産価値)は、東京都心5区が4.91%(同0.06ポイント上昇)と概ね横ばいで推移。大阪市は6.82%(同0.17ポイント上昇)。  キャピタル収益率(<期末の資産価格-期首の資産価格>÷期首の資産価格)は、東京都心5区が5.12%(同0.11ポイント低下)、大阪市は8.56%(同0.12ポイント上昇)といずれも概ね横ばいとなった。 https://www.re-port.net/article/news/0000061036