【不動産ニュース】2020年 年頭のご挨拶 株式会社LIFULL|by PR TIMES
2020年1月6日 12時00分
no image
株式会社LIFULL(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上 高志、以下LIFULL)は本日、2020年の年頭所感を以下の通り発表しました。 新年明けましておめでとうございます。 2019年は、様々なステークホルダーへの利他を掲げ、「あらゆる人のLIFEをFULLにする」ため、世界一のライフデータベース&ソリューション・カンパニーの実現に向け、様々な活動を行ってまいりました。 売上収益は、8期連続で過去最高となり、主力サービスである不動産・住宅情報サイト『LIFULL HOME'S』や当社グループ会社の主要な経営指標は順調に推移しています。 また、海外企業Mitula Group Limited、RESEMの子会社化を進め、サービス展開国数や情報量を大きく伸ばした一年ともなりました。 これはひとえに、当社を支えてくださっている皆さまのおかげによるものと、心より感謝申し上げます。 LIFULLは、公益志本主義経営を実践する企業として、世界の動きに先駆け20年以上前から社会課題を解決する事業活動を行なってきました。令和という新しい時代を迎え、家族や仕事、結婚、住まい、環境に対する価値観の変化に伴い、これまで当たり前に信じられてきた「幸せ」も変わってきています。LIFULLは、多様な価値観のもとで「あらゆる人が、無限の可能性の中から自分の生きたいLIFEを選び、実現できる社会」に向け、あらゆる事業や取り組みにおいて、「Diversity, Inclusion, Equality」、「Well-Being」といったテーマや、国連が採択した持続可能な開発目標(SDGs)にも積極的に取り組み、日本のみならず、世界中のあらゆる人の「LIFEをFULLにする」ために邁進し、以下のような事業やプロジェクトを、さらに加速させてまいります。 1)不動産市場の革新のための先端技術の活用 2)住宅弱者支援の取り組み「LIFULL HOME'S ACTION FOR ALL」 3)空き家活用で地域経済を活性化するLIFULL地方創生 4)地域の関係人口を生み出す定額多拠点居住サービス「LivingAnywhere Commons」 5)グローバルプラットフォーム構築に向けた海外事業 6)あらゆるLIFEに関わるサービス創発による多角化 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 株式会社LIFULL 代表取締役社長 井上高志 リリース元:PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000111.000033058.html