【不動産ニュース】明和不動産 新しい墓の形を提案|R.E.port
2020年1月9日 09時26分
no image
ミリーヴ(株)傘下の(株)明和不動産は6日、新会社(株)あーち(熊本市中央区、代表取締役:平川好美氏)を設立した。  あーちでは、お花畑×お墓(霊園)のコラボレーションをテーマに、事業を展開する。墓地の共同販売・管理を行なう(有)重範商事が運営する「西熊本霊園」内で、個人で墓石を建てる従来のスタイルではなく、BOX型や納骨堂型の納骨スペースを設け、個々で墓参りができる新しい墓の形を提案する。  2020年1月中旬には、モデル墓として122基を先行販売する予定。販売価格はBOX型が約45万円~、納骨堂型が約25万円~。同社はその販売代理業務を担当する。 https://www.re-port.net/article/news/0000061081