【不動産ニュース】 TABICT 博多に町家タイプのホテル竣工|R.E.port
2020年1月10日 09時07分
no image
(株)TATERUの子会社で観光・宿泊関連事業を手掛ける(株)TABICTは、企画・開発を手掛けた町家タイプの宿泊施設「MUSUBI HOTEL MACHIYA CHIYO 3」(福岡市博多区、最大宿泊人数8人)の竣工を発表した。  スマートホテル「MUSUBI」ブランドを採用。「これまでに経験したことのない新しい旅」の提供をコンセプトに、地域や文化を豊かにすることを目指すブランドで、すでに京都で供給実績がある。  同施設は、4人以上のグループ宿泊者がターゲット。同社の他ブランドの宿泊施設と合わせ、地域の飲食店などでの消費を誘導する。なお、今回の建設地近隣ではすでにアパートタイプの宿泊施設2棟を開業、博多エリア全体では現在22施設を運営している。  開業は2月を予定。宿泊料金は1棟1泊当たり平均3万円。 https://www.re-port.net/article/news/0000061091