【不動産ニュース】東急不動産 マンション居住者向けに生活支援アプリ|R.E.port
2020年1月10日 09時14分
no image
東急不動産(株)は、同社マンション居住者の生活利便性を向上するアプリ「BRANZ(ブランズ)アプリ(仮称)」を開発した。  マンションに実装するリビングの照明や浴室の湯張りといったスマートホームの操作のほか、住宅設備の取扱説明書の案内、マンション全体や個人向けの通知サービス、共用施設の予約などの機能を搭載。他社が展開する羽田空港へのタクシー相乗りサービスやフィットネス動画の提供サービスとも連携する予定。  今後新築するブランズの契約者に無償で提供する。初弾は、11日にモデルルームをオープンする「ブランズタワー芝浦」(東京都港区、総戸数482戸)で提案する計画。 https://www.re-port.net/article/news/0000061095