【不動産ニュース】いちご 2月、福岡でリノベホテル開業|R.E.port
2020年1月14日 09時12分
no image
いちご(株)は9日、「The OneFive Villa Fukuoka」(福岡市中央区、総客室数50室)を2月1日にオープンすると発表した。  2016年3月に取得した「5th HOTEL(East)」をリノベーションしリブランドした。同社が19年3月に、九州・山口地区でのホテル運営事業を行なうことを目的として設立した子会社・博多ホテルズ(株)の新ブランド「The OneFive」の第1号物件となる。  建物は築35年、地上6階建て。地下鉄「中洲川端」駅より徒歩6分に立地。博多・天神・中洲といった主要エリアに隣接する立地。周辺には昔ながらの福岡らしい風情が残り、老舗の名店など九州の食文化に触れられる飲食店が集積している。  客室は、全室30平方メートル以上。キングサイズのベッド、独立タイプのバス・トイレを標準仕様とした。一部には、テラス付きのリバービュールームも備える。  付帯施設として、全長30mのパノラマビューで中州の夜景を一望できるリバーサイドシートを有するダイニングバー「Riverside Bar & Dining Mitsubachi」を用意した。  宿泊料金は、スタンダードキングタイプで1万5,300円~。 https://www.re-port.net/article/news/0000061108