【不動産ニュース】コスモスイニシアほか 沖縄で2拠点居住ニーズに対応した分譲マンション|R.E.port
2020年1月14日 09時23分
no image
(株)コスモスイニシア、大和ハウス工業(株)は、沖縄県南部のビーチリゾート「豊崎タウン」に建設中の分譲マンション「グランコスモ ザ・リゾート沖縄豊崎」(沖縄県豊見城市、総戸数116戸)のモデルルームを、11日より公開する。  「豊崎タウン」は、「住み、働き、そして遊び集う街」をコンセプトに開発を進めているリゾートエリア。「美らSUNビーチ」に隣接し、「沖縄アウトレットモールあしびなー」や、大和ハウス工業が開発する2020年4月開業予定の大型商業施設「iias(イーアス)沖縄豊崎」も徒歩圏内にある。  同マンションは、ゆいレール「赤嶺」駅バス停からバス約18分。那覇空港より車で15分。敷地面積約2,681平方メートル、延床面積約9,728平方メートル、鉄筋コンクリート造地上13階建て。大和ハウスグループは14年より、同タウンで新築分譲マンション3物件・269戸を供給。県外からの移住やセカンドハウス需要が多かったことから、セカンドハウスや2拠点居住、ワーケーションのリゾート拠点といったニーズを想定して開発する。  キッチンを備えパーティ会場として利用できる「美らビューラウンジ」やフィットネスルームなど、4つの共用施設を用意。デザイン監修には、アパレルブランドのカフェなど約110店舗を運営する「TRANSIT GENERAL OFFICE INC.」を起用した。また、コンシュルジュサービスやセカンドハウス、2拠点居住目的で、部屋を空室にすることが多いユーザー向けに、空室の鍵開け業務や郵便転送サービスを行なう「空室安心サービス」といった多彩なサービスも提供する。  住戸は専有面積55.12~94.70平方メートル、間取りは2LDK・3LDK。販売開始は2月上旬を予定。戸数・価格は未定。竣工は21年4月下旬、入居開始は同年6月下旬を予定している。 https://www.re-port.net/article/news/0000061114