【不動産ニュース】東京建物のビルでサイバー攻撃対策の実証実験|R.E.port
2020年1月15日 09時58分
no image
東京建物(株)とパナソニック(株)は14日、パナソニックが開発中のビルオートメーション(以下、BA)システム向けサイバーセキュリティソリューションの実証実験を、首都圏に所在する東京建物の既存ビルで実施すると発表した。  オフィスビルにおいて、BAネットワークを通じてシステムの情報を収集・分析し、照度・室温等を最適化したオフィス空間の提供やエネルギー利用の最適制御を実現する事例が増加している。さらに複数ビルをインターネットで接続し、同一拠点から遠隔で監視する運用も普及。こうした状況から、遠隔からのインターネットを介したサイバー攻撃により、BAシステムが正しく稼働しなくなるリスクも高まっている。  そこで今回、BAシステムのサイバー・フィジカル・セキュリティ対策の実施に向けて、設備資産を調査し、サイバー攻撃のリスク評価を行なう。さらに設備資産の調査で収集した通信データにBAシステムの攻撃データを模した通信を紛れ込ませたサイバー攻撃のシミュレーションデータを生成。これをパナソニックが保有するAI技術を活用したサイバー攻撃検知ソフトウェアに入力し、疑似サイバー攻撃の通信を検知できるかを実証する。  両社は、今回の実証実験で得られた検知を基に、ビルのサイバー・フィジカル・セキュリティ対策に向けたソリューション開発を進めていく計画。 https://www.re-port.net/article/news/0000061123