【再開発NOW】千葉市中央区の再開発「千葉中央第六地区市街地再開発事業」Qiball
2020年1月27日 07時30分
no image
 最近話題にあがらなくなったあの再開発、今はどうなってるんだろう?という現場に直行!現地取材を敢行してくる企画「再開発NOW」毎週月曜日に公開中です。  バブル崩壊後、商業機能が低下したことを受け、千葉市役所中央分室や千葉不動尊光明寺とともに商業施設などがあった地域に地下1階、地上15階建ての再開発複合ビルとして建てられた「Qiball(キボール)」。由来は希望のボールという意味で市民の投票で決められた。 建築名:千葉中央第六地区市街地再開発事業(Qiball) 住所:千葉県千葉市中央区中央4丁目5番1号 用途:複合施設 敷地面積:6,614.13㎡ 延床面積:50,755.09 ㎡ 事業主:千葉中央第六地区市街地再開発組合 設計:日建設計 施工:大成・清水建設共同企業体・共同企業体 着工:2005/4 竣工:2007/7 撮影日:2020/1/10