【不動産ニュース】三菱商事都市開発、関西初の物流施設開発へ|R.E.port
2020年1月16日 10時00分
no image
三菱商事都市開発(株)は15日、関西では同社初となる物流施設開発用地を、神戸市須磨区に取得したと発表した。  計画地は阪神高速道路と神戸淡路鳴門自動車道が交差する「布施畑IC」より約1.0kmに所在しており、関西主要都市や四国への配送の利便性の高い地域。神戸市営地下鉄「総合運動公園」駅より徒歩10分、周辺人口も多く雇用確保の面でも優位性がある。  敷地面積は6,833.07平方メートル。開発予定の物流施設は延床面積1万3,665.60平方メートル、竣工は2022年の冬を予定している。  同社はこれまで首都圏を中心にマルチテナント型の大規模・中規模物流施設をメインに開発してきたが、今後は全国主要都市で延床面積5,000坪程度のBTS型物流施設にも取り組んでいく。 https://www.re-port.net/article/news/0000061142