【不動産ニュース】不動産経済研究所 首都圏マンション、3年ぶりに供給減|R.E.port
2020年1月23日 09時00分
no image
(株)不動産経済研究所は22日、2019年(1~12月)の「首都圏マンション市場動向」を発表した。  同年の首都圏マンションの新規供給戸数は3万1,238戸(前年比15.9%減)と3年ぶりに減少した。地域別では、東京都区部1万3,737戸(同13.9%減)、東京都下2,537戸(同30.8%減)、神奈川県7,183戸(同12.5%減)、埼玉県4,581戸(同6.7%増)、千葉県3,200戸(同36.0%減)と埼玉県を除き大幅減。  1戸当たりの平均価格は5,980万円(同1.9%上昇)と、2年ぶりの上昇。地域別では、東京都区部7,286万円(同2.0%上昇)、東京都下5,487万円(同4.8%上昇)、神奈川県5,295万円(同3.0%下落)、埼玉県4,513万円(同4.8%上昇)、千葉県4,399万円(同2.2%上昇)となった。  1平方メートル当たりの平均単価は87万9,000円(同1.2%上昇)と、7年連続の上昇。初月契約率は、月間平均62.6%(同0.6ポイント上昇)。20年の供給は3万2,000戸(同2.4%増)を見込んでいる。  なお、19年12月の首都圏マンション発売戸数は6,392戸(前年同月比14.3%減)。1戸当たりの平均価格は5,876万円(同0.3%下落)、1平方メートル単価は83万9,000円(同2.7%下落)。月間契約率は61.3%(同11.9ポイント上昇)となった。即日完売物件は1物件・18戸。販売在庫数は9,095戸で前月末比1,570戸の増加。20年1月の販売戸数は2,000戸の見込み。 https://www.re-port.net/article/news/0000061215