【不動産ニュース】東京流通センター 物流施設管理へのドローン技術活用で協業|R.E.port
2020年1月24日 09時38分
no image
三菱地所グループの(株)東京流通センター(TRC)は23日、(株)アイ・ロボティクス(東京都新宿区、代表取締役社長:安藤嘉康氏)と、ドローンを活用した物流施設の運営・管理を目指して協業を開始すると発表した。  TRCが所有する物流施設の一部、約1,200平方メートルの区画をドローン飛行の実験場として実証実験を重ね、物流施設特有の運営・管理ノウハウに照らして現状を分析していく。将来的には、実用化・事業化を見据えた一層高度・効率的な運営・管理方法を開発するのが目標。  アイ・ロボティクスは、マイクロドローン(直径8~19cm、重量170g以下)の飛行制御システムについて国内有数のノウハウを有しており、そのノウハウを生かして通常のドローンでは難しい屋内・狭所の飛行による産業用サービスの開発を目指す。将来的には、ドローンと設備のセンサー等を組み合わせることで、倉庫区画内外の情報をデータ化し、設計や運営管理の高度化を進める。 https://www.re-port.net/article/news/0000061234