【不動産ニュース】小田急不動産  川崎で投資用開発第1号の木造賃貸住宅|R.E.port
2020年1月28日 09時58分
no image
小田急不動産(株)は、投資用不動産開発事業の第1号となる大型木造賃貸住宅「ビューテラス白鳥」(川崎市麻生区、総戸数11戸)を竣工した。  同社は2018年4月より部署を新設し、投資用不動産開発事業に取り組んできた。同物件は、一定期間賃貸運用を行なった後、投資用不動産として売却する予定。  小田急多摩線「栗平」駅徒歩8分に立地。緑豊かな住宅地の高台にあり、子育てファミリー層に人気のエリアに位置する。敷地面積約1,000平方メートル、延床面積約879平方メートル。収益性を念頭にコスト性に優れる木造建築を採用。(株)小田急ハウジングと協働し、長屋形式の木造3階建てとすることで、従来型の木造賃貸住宅とは一線を画した商品とした。  高台立地を生かし、眺望を楽しめる3LDK中心の設計で、賃貸住宅としては希少な1階部分を車庫にした住居内車庫付プランも用意。間取りは車庫付3LDK(7戸)、3LDK(3戸)、2LDK(1戸)。専有面積48.85~74.09平方メートル。賃料10万~14万4,000円。竣工は2019年11月、入居は同年12月。  小田急沿線に居住する資産家などを中心に投資需要が見込まれることから、今後も継続的に事業化を推進していく。 https://www.re-port.net/article/news/0000061264