【不動産ニュース】三菱地所ホーム 防災アイテムをパッケージ販売|R.E.port
2020年1月31日 09時18分
no image
三菱地所ホーム(株)は、同社の新築戸建注文住宅商品で「レジリエンスパッケージ」を2月1日から販売する。  同社はこれまで、耐震性・断熱性の高い構造に加え、全館空調エアロテック、太陽光発電、エネルギー換気システムHEMSを取り入れた住宅商品の販売を推進してきた。今回、そうした基本性能に加え、災害時にライフラインが停止しても、居住者が安心・安全に生活できるための防災アイテムをパッケージ化し提供する。  蓄電量9.8kWhの「大容量蓄電池」や、電気・ガスの両方でお湯を沸かすことができる「ハイブリッド給湯機」、強風時の飛来物による割れや割れた場合のガラスの飛散を軽減する「防災安全ガラス」、外出先からスマートフォンで自宅の様子を確認できる「見守り機能付きテレビドアホン」など、6つのアイテムで構成している。  販売価格は280万円(税別)。 https://www.re-port.net/article/news/0000061306