【不動産ニュース】三井不動産商業マネジメント ららぽーとほか 行政と連動“防災を学ぶ”「第9回 &EARTH 災害に負けない知識を学ぼう!~防災スタンプラリー~」|by PR TIMES
2020年2月3日 15時30分
no image
【三井ショッピングパーク ららぽーと・ラゾーナ川崎プラザ10施設連動企画】 ー 停電時の対処法を学べるクイズや、個人向け防災アドバイスなど、実践的に学べる体験型防災イベント ー  2月15日(土) ~ららぽーと・ラゾーナ川崎プラザ各館にて順次開催  三井不動産商業マネジメント株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 青柳雄久)が運営する、三井ショッピングパークららぽーと首都圏9施設(TOKYO-BAY、豊洲、立川立飛、柏の葉、横浜、海老名、新三郷、富士見、湘南平塚)及びラゾーナ川崎プラザは、三井不動産とともに「第9回 &EARTH 災害に負けない知識を学ぼう!~防災スタンプラリー~」を2020年2月15日(土)から順次開催いたします。 近年国内では、豪雨や地震など大規模な自然災害が続いており、防災への関心が高まっています。ららぽーと首都圏9施設及びラゾーナ川崎プラザは、幅広い年代の方が多数来場する商業施設という特性を活かし、「災害への事前対策の重要性」と「災害時に対応する知識」を体験できるイベントを開催いたします。ご家族で参加できるクイズやワークショップを通じて、体験しながら楽しく学んでいただくことができます。  さらに、行政と連携し「地域・防災情報コーナー」を設け、各地域における避難場所や災害被害想定などの情報を提供いたします。  各ブースを廻りスタンプを揃えた方には、常備用のレトルトカレーや備蓄用のビスケットやクラッカーが当たる、防災関連グッズの抽選に参加することができます。  今後も三井不動産商業マネジメントは、施設近隣の方々や来場者に、安心・安全な暮らしを提供できる情報を、行政と連動しながら提供していきます。 実施概要 ■名 称:第9回 &EARTH 災害に負けない知識を学ぼう!~防災スタンプラリー~ ■時 間 :11:00~16:00(最終受付15:30) ■参加費:無料 ■主 催:三井不動産商業マネジメント株式会社、三井不動産株式会社 ■協 力:NPO法人プラス・アーツ ■内 容:サバイバル×キッチン、防災アンケート こたえてそなえて、裏ワザ防災グッズ、地域・防災情報 裏ワザ防災グッズ ふだんの暮らしで使っているようなモノで、災害時にとても役立つ防災グッズをつくることができます。今回はゴミ袋を活用して雨や土埃からカラダを守るポンチョのつくり方を工作体験で学びます。 防災アンケート「こたえて・そなえて」 近年被害が顕著に見られた風水害などの災害による影響で、各家庭で水や非常食など備蓄品に対する意識がさらに高まりました。その実態はどうなのか?各家庭の備蓄状況をアンケート調査で明らかにします。 サバイバルキッチン 災害の影響で停電に苦しむ声が各地域から多く聞こえました。特に家電が集中しているキッチンには色んな問題が発生します。災害時でも快適な食生活が送れるようになる防災の知識をクイズ形式でお届けします。 スタンプラリー 体験型ワークショップにご参加いただいた方に、スタンプラリーシートをお渡しします。体験するごとに押されるスタンプを合計4つ集めると、1回抽選にチャレンジ!抽選で「防災グッズ」が当たります。はずれても全員に参加賞をプレゼント! 【賞品例】 キリンビバレッジバリューベンダー株式会社/ボルビック 500ml コカ・コーラボトラーズジャパン/い・ろ・は・す 500ml ブルボン株式会社/ミルクビスケット、災害備蓄用クラッカー 江崎グリコ/ビスコ保存缶、温めずにおいしく食べられるカレー職人 施設ごとの体験コンテンツ 川崎市主催の防災イベント「備えるフェスタ2020」と同時開催! @ラゾーナ川崎プラザ 晴天時は屋外ルーファ広場と駐車場で開催する「備えるフェスタ」と同時開催します!川崎市オリジナル紙芝居を使ったワークショップや、身近なもので防災グッズをつくる工作体験なども実施予定です。 トイレの備え、防火衣着装体験@ららぽーと横浜 地域防災情報の発信、簡易トイレの備えのほか、消防署によるミニ消防車の展示やちびっこ消防士体験(防火衣着装)も実施。さらには横浜消防のマスコットキャラクター「ハマくん」も登場します。 体験型プログラムを実施@ららぽーと立川立飛 「地震体験車」や「煙体験ハウス」・「レーザー式消火器」など、災害を想定した体験型のプログラムを実施。災害時どういった行動が必要かを学ぶことができます。自衛隊の協力による自衛隊車両の展示等も行います。 地域ならでは防災クイズ・救護体験@ららぽーと湘南平塚 防災情報の発信や自宅での備え・AED体験・応急手当の方法など、行政や消防の協力を得て、体験プログラムを提供します。 江東区独自の備蓄品「深川丼の素」配布@アーバンドック ららぽーと豊洲 江東区が非常用として備蓄している、江東区発祥「深川丼(の素)」を来場者に配布します(数量限定)。保健所の協力で非常食の備え方情報を提供します。 紙芝居で防災を学ぼう@ららぽーと柏の葉 様々な場面で起こる災害にどのように対応すべきか、紙芝居形式のゲームにより楽しく学びます。消防の協力でミニ消防車の展示・防火衣着装体験・AED体験を提供します。 海老名駅西口中心広場でいろいろ体験@ららぽーと海老名 地震体験や消火体験、消防車・救急車の展示、防火衣着装体験のほか、自衛隊の協力による自衛隊車両の展示などを行います。海老名市のイメージキャラクター「えび~にゃ」も登場します。 防災ワークショップ・クイズ・心肺蘇生訓練体験@ららぽーとTOKYO-BAY 地域団体によるワークショップ、県警によるクイズの実施、女性消防団による心肺蘇生訓練を提供します。今回初の取組として、施設のスクリーンを使った防災啓発映像を放送する予定です。千葉ジェッツふなばしのマスコットキャラクターも応援に来ます。 家具転倒防止ワークショップ・防火衣試着体験・ペット防災@ららぽーと富士見 富士見市が埼玉県からの協力を得て、家具転倒防止プログラムを提供。消防は、子供用の防火衣を試着して写真撮影ができるコーナーを設けます。またペット防災に関する展示も実施予定です。 毛布担架づくり・AED体験@ららぽーと新三郷 お子さまにもご参加いただけるよう、カエルの人形を使って、簡易担架の作り方を分かりやすくお伝えします。午前中には女性消防団による心肺蘇生・AEDの体験も実施されます。 【施設ごとの開催情報】 ららぽーと・ラゾーナ川崎プラザには、災害時に便利な防災関連グッズがいっぱい! ららぽーと・ラゾーナ川崎プラザには、災害時に便利な防災関連グッズが多数販売されています。 【商品例】 無印良品 普段から使えて、災害時にも役立つ。 カセットこんろ・ミニ ミニサイズのカセットこんろです。卓上でスペースをとらず普段使いにも最適。収納もコンパクトで持ち運びにも便利です。 赤ちゃんもお母さんも手軽でうれしく、ほっと安心。 アイクレオ 赤ちゃんミルク ChuChu 紙パック用 乳首 長期常温保存が可能で母乳に近い栄養成分も摂れる液体ミルク。乳首を装着すれば、哺乳瓶がなくてもそのまま乳児に飲ませることができます。いつものおでかけや災害時にも便利。 軽量かつ高い防水性。さまざまな場面に対応。 レインダンサージャケット Kid's(130~160cm) 活発に動き、汗をかきやすい子どもに最適な防水透湿性を備えたジャケット。蒸れにくく快適な着心地に加え、背中に反射マークとテープを配することで安全性にも配慮しています。 ストームクルーザー ジャケット 卓越した防水性、透湿性、軽量性を備えた全天候型ウェア。しなやかな着心地を実現し、デイリーからアウトドアまで、あらゆるシチュエーションで活躍します。 ●三井ショッピングパーク ららぽーとについて 「三井ショッピングパーク ららぽーと」は、全国的に展開している複合型商業施設です。 運営:三井不動産商業マネジメント株式会社(三井不動産株式会社100%出資) 【全国ららぽーと紹介】 「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」 「三井ショッピングパーク ららぽーと柏の葉」 「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」 「三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛」 「三井ショッピングパーク ららぽーと横浜」 「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」 「三井ショッピングパーク ららぽーと湘南平塚」 「三井ショッピングパーク ららぽーと新三郷」 「三井ショッピングパーク ららぽーと富士見」 「三井ショッピングパーク ららぽーと磐田」 「三井ショッピングパーク ららぽーと沼津」 「三井ショッピングパーク ららぽーと名古屋みなとアクルス」 「三井ショッピングパーク ららぽーと甲子園」 「三井ショッピングパーク ららぽーとEXPOCITY」 「三井ショッピングパーク ららぽーと和泉」 リリース元:PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000394.000002198.html