【不動産ニュース】 学生情報センター 学生マンションの決定理由「学校への近さ」|R.E.port
2020年2月4日 09時00分
no image
(株)学生情報センターは、「ナジックひとり暮らし学生実態調査2020」の結果を発表した。19年11月11~17日、同社が管理する学生マンションの入居者を対象にウェブアンケートを実施したもの。有効回答数は2,005人で、内訳は男性775人、女性1,230人。  「今の部屋に決めた理由」は、「学校から近い」が1,170人で最も多く、次いで「バストイレ別」1,080人、「駅から近い」763人、「セキュリティ」760人、「学生専用」746人と続いた。部屋を決める決定権は誰にあったかを聞くと、「本人」が67.4%で回答の3分の2を占めた。  「家賃が多少高くなってもほしい設備・サービス」について、複数回答してもらったところ、トップは「バス・トイレ別」の63.3%。続いて「無料Wi-Fiサービス」40.7%、「宅配ボックス」37.8%、「オートロック」36.3%となった。  「一人暮らしで困ること」は「病気になった時」が66.9%、「営業のバランスが悪くなる」が57.0%で過半。以下、「生活のリズムが乱れる」48.6%、「食事代や光熱費など、お金がかかる」46.0%と続いた。  「現在の住まいの満足度」については、「大変満足している」24.5%、「ある程度満足している」47.9%となり、合わせて約4分の3が満足しているという結果だった。 https://www.re-port.net/article/news/0000061344