【不動産ニュース】シービーアールイー 首都圏物流施設空室率、過去最低の1.1%|R.E.port
2020年2月4日 09時00分
no image
シービーアールイー(株)(CBRE)は1月31日、2019年第4四半期の三大都市圏の物流施設市場動向を発表した。  首都圏の大型マルチテナント型物流施設の空室率は1.1%に低下し、調査開始(04年)以来の最低値を更新した。首都圏全体の1坪当たりの実質賃料は4,290円(前期比1.4%上昇)。首都圏4エリアはいずれも空室率2%以下に。中でも、圏央道エリアの改善は著しく、空室率1.2%は08年以降の最低値となった。向こう2四半期の空室率は、0.8ポイント上昇の1.9%を予想。  19年1年間の新規需要は70万5,000坪(前年比1.6倍増)と最高値を記録。eコマースや物流企業が需要を牽引している。  近畿圏の空室率は4.0%(前期比1.6ポイント低下)で、7四半期連続の低下。内陸部での空室はなく、湾岸部でもまとまった空室のある物件はわずか2棟で、空室の不足感が出てきている。賃料上昇圧力は一層強まっており、1坪当たりの実質賃料は3,810円(同3.0%上昇)。向こう2四半期の空室率は、4.0ポイント上昇の8.0%を予想。  中部圏の空室率は9.6%(同2.5ポイント低下)。今後の開発計画は2棟と極めて限定的であるため空室率は低下傾向をたどる見通しで、向こう2四半期の空室率は3.2ポイント低下の6.4%を予想している。1坪当たりの実質賃料は、3,580円(同0.6%上昇)。  なお、19年1年間の新規需要8万1,000坪は、新規供給とともに調査開始(07年)以来の最高値となった。 https://www.re-port.net/article/news/0000061333