【不動産ニュース】総合地所 大阪にIoT体験できるホステル|R.E.port
2020年2月7日 09時46分
no image
総合地所(株)は1日、ホステル「&AND HOSTEL NAMBA」(大阪市浪速区、客室数62室)を開業した。  大阪メトロ御堂筋線「なんば」駅徒歩8分、「大国」駅徒歩6分に位置。敷地面積約248平方メートル、延床面積約1,540平方メートル、鉄骨造地上10階建て。運営はand factory(株)が行なう。  客室は集団利用が可能なドミトリーから、ダブル、ツインルーム、プレミアムルームを用意。一部客室には、照明の調光、カーテンの開閉などの室内環境のコントロールや、共用部の利用状況の通知など、IoTを導入した。また観光情報などを提供するタブレット「tabii」も設置。1階には多様なイベント利用を想定したカフェラウンジを、2階には宿泊者専用のライブラリーラウンジを設ける。 https://www.re-port.net/article/news/0000061391