【不動産ニュース】南海電鉄 和歌山市駅直結の複合施設、4月に開業|R.E.port
2020年2月10日 09時18分
no image
南海電気鉄道(株)は6日、和歌山市と共同で「和歌山市駅活性化計画第2期」として開発を進める複合施設「キーノ和歌山」(和歌山県和歌山市)を4月24日に開業すると発表した。  第1期ではオフィスビル「南海和歌山市駅ビル」を建設、第2期では商業施設・ホテル、和歌山県市民図書館で構成する整備する「キーノ和歌山」の開発を進めてきた。  商業棟とホテル棟で構成。商業棟は、鉄骨造地上3階地下1階建て。延床面積約8,600平方メートル。ホテル棟は鉄骨造地上12階建て。延床面積約6,000平方メートル。  商業エリアの1~3階には産直品等を販売するスーパー「ロックスターファームズ」等をはじめ、飲食店や物販店、クリニックモール等が出店する。  また、ホテルエリアの4~12階では「カンデオホテルズ南海和歌山」(総客室数120室)が開業する(開業日は4月30日)。客室は、クイーン64室(1万7,420円/2名1室の場合)、ツイン56室(2万2,700円/同)で構成。最上階には露天風呂付大浴場も設けた。 https://www.re-port.net/article/news/0000061395