【不動産ニュース】小田急不動産 新規事業  物流施設の開発事業に着手  第1弾 千葉県印西市の開発用地を取得|by @Press
2020年2月10日 12時00分
no image
小田急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、取締役社長:金子 一郎)は、当社初となる物流施設の開発用地を、千葉県印西市松崎台にて取得しましたのでお知らせします。 本土地は、首都圏東部への広域配送拠点となる物流施設に適した立地です。国道16号線で結ばれた常磐自動車道「柏」インターチェンジと東関東自動車道「千葉北」インターチェンジの中間エリアに位置し、国道464号線から成田方面へもアクセス良好であることが特徴です。 住宅が存しない工業団地内に所在していることから、周辺環境に影響を受けず、施設の24時間稼働が可能となるため、飲料や食品、アパレル等を中心としたテナントニーズが見込まれます。 2021年夏の竣工を目指し開発を進め、施設竣工後は、一定期間賃貸運用を行ったのち、投資用不動産として売却する予定です。施設の具体的な内容が決まりましたら改めてお知らせします。 当社では、不動産販売業として、これまで個人向けの分譲マンションや戸建住宅を中心に事業を展開してまいりましたが、更なる事業の拡大を目指し、2018年4月に新たな部署を設け、投資用不動産の開発事業に取り組んでいます。同事業では、投資用不動産(オフィス、賃貸レジデンス、物流施設、ホテル等)の開発を、首都圏に限らず全国の主要都市を対象に取り組んでまいります。 開発用地の概要は下記のとおりです。                記 所在      :千葉県印西市松崎台二丁目2番2(地番) 交通      :北総鉄道北総線「印西牧の原」駅 約3.5km          北総鉄道北総線「千葉ニュータウン中央」駅 約4.6km          東関東自動車道「千葉北」インターチェンジ 約15km          常磐自動車道「柏」インターチェンジ 約27km 用途      :準工業地域 建ぺい率・容積率:60%・200% 敷地面積    :12,405.04m2(3,752.52坪)※登記記録記載面積                                 以上 リリース元:@Press https://www.atpress.ne.jp/news/204924