【不動産ニュース】北側にある駅がオトク!?山手線で中古マンションの価格相場が安い駅ランキング 2020年版|by PR TIMES
2020年2月11日 09時00分
no image
SUUMOジャーナル調査 株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都港区 代表取締役社長:淺野 健)が運営するニュースサイト『SUUMOジャーナル(スーモジャーナル)』は、住まいや暮らしに関するさまざまなテーマについて調査を実施し、結果をご紹介しています。今回は「山手線で中古マンション価格相場が安い駅ランキング」の結果をまとめましたのでお知らせします。 【山手線で中古マンション価格相場が安い駅ランキング】※専有面積50平米以上80平米未満 およそ50年ぶりとなる新駅「高輪ゲートウェイ駅」開業を、2020年3月14日に予定しているJR山手線。都内の主要部を環状に結んで走っており、東京のなかでも「JR山手線の沿線」に住んでいれば利便性は抜群だ。実際に住む場合、物件相場はどれくらいなのか。沿線の中古マンションで専有面積50平米以上80平米未満のカップル&ファミリー向け物件について紹介する。 1位の鶯谷駅と2位の日暮里駅は、専有面積20平米以上50平米未満のシングル向け物件でも同じ順位だった。一方で、3位西日暮里はシングル向け物件では11位、11位の神田駅は20位だった。このように物件の広さによって「価格相場が安い駅」が変わってくることがわかる。 ▼参考 【シングル編】山手線で中古マンションの価格相場が安い駅ランキング 2020年版 https://suumo.jp/journal/2020/01/07/169492 2位の日暮里駅と3位の西日暮里駅は、価格相場に約200万円の差がある。しかし、両駅は隣接し、わずか500mほどしか離れていない。3位の西日暮里駅は、1971年の開業で現状はJR山手線で最も新しい駅でもあるが、高輪ゲートウェイ駅の誕生にともない、その座を譲り渡すことになる。東京メトロ千代田線と日暮里・舎人ライナーも通る駅周辺は、飲食店が多くにぎわっているが、少し離れると静かな住宅街が広がっている。 11位の神田駅はJR各線のほかに東京メトロ銀座線も利用可能。東京駅まで1駅という都心にある駅の周辺はオフィス街といった風情で、サラリーマン向けのリーズナブルな飲食店も多い。カップル&ファミリー向けの広さがあるSUUMO掲載物件数は、ランキング28駅中だと東京駅に次いで少なかった。しかし神田駅・東京駅周辺に勤め先があるなら通勤の負担がぐっと和らぐので、職住近接の生活を目指して物件探しにトライする価値はあるだろう。 JR山手線沿線で安く住みたい場合に有効な探し方とは JR山手線の駅をJR中央線の北側か南側かで分けた際、北側にある駅のほうが価格相場は安い傾向にある。トップ14の駅は神田の1駅をのぞいて北側に位置し、15位以下の駅では高田馬場と目白の2駅をのぞいて南側に位置している。価格を抑えつつJR山手線沿線で物件を探したい場合は、まず沿線のうち北半分にある駅をピックアップ。そのうえで職場へのアクセスのしやすさや、街の環境が自分好みかどうかなどを調べて、駅を絞り込んでいくのも一つの手と言えるだろう。 ▼記事の詳細はこちら https://suumo.jp/journal/2020/02/07/170076 <調査概要> 【調査対象駅】山手線の駅(掲載物件が11件以上ある駅に限る) 【調査対象物件】駅徒歩15分圏内、築年数35年未満、物件価格相場1500万~1億円、専有面積50m2以上80m2未満、敷地権利は所有権のみ 【データ抽出期間】2019/5~2019/7 【物件相場の算出方法】上記期間でSUUMOに掲載された中古マンション価格から中央値を算出 ※駅名および沿線名は、SUUMO物件検索サイトで使用する名称を記載している リリース元:PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000248.000028482.html