【不動産ニュース】 三井不動産 RFIDを活用し店舗商品情報を自動データ化|R.E.port

2020年2月13日 09時41分
no image
三井不動産(株)は、(株)ビームス、大日本印刷(株)(DNP)と共同で13日より、商業施設内における商品情報の自動データ化を目的に、RadioFrequencyIdentification(RFID)を活用した商品情報の読み取り実証実験を開始する。4月24日まで。  RFIDは、読み取りアンテナから発する電波により、非接触でRFIDタグに入力されている情報を読み書きする技術。ビームスは2017年3月に、運営する「B:MINGLIFESTOREbyBEAMS」全店舗へのRFID導入を完了。DNPは「RFIDを活用したサプライチェーンにおける情報共有の実証実験」へ参画する等の取り組みを行なっ...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン