【不動産ニュース】SQUEEZE 札幌に次世代型宿泊施設|R.E.port
2020年2月14日 09時17分
no image
(株)SQUEEZEは、次世代型宿泊施設「Theatel Sapporo-Susukino(シアテル札幌すすきの)」(札幌市中央区、全41室)を、7月上旬にオープンする。  札幌市内を中心に総合不動産事業を展開する(株)藤井ビルが所有する商業施設「F-45ビル」の1区画を宿泊用途へコンバージョンした施設。地下鉄南北線「すすきの」駅徒歩3分に位置。「Theatel」は、「くつろぎ×エンターテインメント×利便性」を追求し、「Theater(シアター)×Hotel(ホテル)」をコンセプトとした宿泊施設。2018年8月「シアテル羽田」、19年6月「シアテル大阪えびす」をオープンしており、今回の施設が第3弾となる。  約4mの天井高と約500平方メートルのフロアを最大限に活用し、高さ約2mのカプセルルームを36室、プロジェクター完備のプライベートルームを5室、約130平方メートルのホワイエを設ける。ホワイエには、縦3m横8mの巨大スクリーンを設置し、スポーツ観戦や映画鑑賞、ヨガ教室、企業研修などさまざまなシーンに活用する予定。カフェテーブルやローソファを設置することで、宿泊のみならず、ビジネスや休憩の場としても利用できる。  1部屋当たりの宿泊人数は、カプセルルームが1~2名、プライベートルームが4~7名。最大収容人数は67名。 https://www.re-port.net/article/news/0000061438