【不動産ニュース】三井ホーム エネファームと太陽光のダブル発電住宅推進|R.E.port
2020年3月31日 09時21分
no image
 三井ホーム(株)は27日、東京ガス(株)と共同で、同社住宅を新築する際に家庭用燃料電池「エネファーム」を導入するユーザーを対象に、太陽光発電設備を無償提供する「未来G withずっともソーラー」を開始した。  東京ガスの都市ガス供給エリアが対象。発電した電力はユーザー自身が使用でき、余剰電力は売電され、10年の契約期間中、売電によって得た収益を東京ガスに譲渡する仕組み。なお、契約期間終了後は売電収入はユーザーが得られる。ユーザーはエネファームと太陽光発電のダブル発電によって購入電力を軽減できるほか、両設備の併設によって非常用電源としての対応力も向上する。 https://www.re-port.net/article/news/0000061858