【不動産ニュース】分譲マンション供給専有面積、住友不動産がトップ|R.E.port
2020年4月1日 09時39分
no image
(株)不動産経済研究所は31日、2019年の「全国分譲マンション 売主・事業主別の供給専有面積ランキング」を発表した。  全国のトップは住友不動産(株)で、供給専有面積は39万1,386平方メートル。2位は野村不動産(株)(28万7,620平方メートル)、3位が三菱地所レジデンス(株)(25万566平方メートル)、4位が(株)プレサンスコーポレーション(20万5,070平方メートル)、5位は三井不動産レジデンシャル(株)(19万109平方メートル)となった。前回調査(18年)と1~3位の順位は変わらず、前回5位のプレサンスコーポレーションが4位となった。  エリア別では、首都圏トップは全国と同様に住友不動産(28万1,175平方メートル)以下、野村不動産(22万5,914平方メートル)、三菱地所レジデンス(16万1,302平方メートル)と続いた。近畿圏は、プレサンスコーポレーション(13万9,191平方メートル)と唯一10万平方メートルを突破しトップ。以下、エスリード(株)(6万6,398平方メートル)、住友不動産(5万326平方メートル)が続いた。  その他のエリアでは、トップがあなぶき興産(株)(11万2,596平方メートル)。以下、(株)フージャースコーポレーション(7万4,693平方メートル)、(株)穴吹工務店(7万2,850平方メートル)と続いた。 https://www.re-port.net/article/news/0000061882