【不動産ニュース】国土交通省 地域型住宅グリーン化事業、グループ募集開始|R.E.port
2020年4月7日 13時34分
no image
 国土交通省は6日、令和2年度「地域型住宅グリーン化事業」のグループ募集を開始した。  同事業は、地域における木造住宅の生産体制の強化、環境負荷の低減等を図るために、地域の木材関連事業者や流通事業者、建築士事務所、中小工務店等が連携して取り組む、省エネルギー性能や耐久性などに優れた木造住宅・建築物の整備を支援するのが狙い。  支援対象となるのは、(1)長寿命型(長期優良住宅:木造、新築)、(2)高度省エネ型(認定低炭素住宅・性能向上計画認定住宅:木造、新築)、(3)ゼロ・エネルギー型住宅(ゼロ・エネルギー住宅:木造、新築および改修)、(4)省エネ改修型(省エネ基準〈既存〉を満たす住宅:木造、改修)、(5)優良建築物型(認定炭素建築物等一定の良質な建築物:木造、新築)。上限額は(1)(2)が1戸当たり110万円、(3)が同140万円、(4)は同50万円、(5)は1平方メートル当たり1万円。  応募締切は5月13日。応募に必要な書類を評価事務局宛てに郵便等により提出する(必着)。応募要件や応募詳細については事務局である地域型住宅グリーン化事業 評価事務局ホームページ参照。採択結果は6月25日に発表予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000061941