【不動産ニュース】反動減により減収減益/三栄建築設計20年8月期2Q|R.E.port
2020年4月15日 09時00分
no image
 当期(19年9月1日~20年2月29日)の売上高は488億5,900万円(前年同期比8.2%減)、営業利益29億8,100万円(同43.8%減)、経常利益27億2,700万円(同42.4%減)、当期純利益16億9,600万円(同46.0%減)と減収減益に。前年同期の不動産販売事業において売却を行なった販売用不動産のうち、1件が特に高額かつ高利益額だったことによる反動減が要因。  主力の不動産分譲事業では、戸建分譲販売件数が707件(前年同期:663件)と増加。また、分譲マンションの販売件数では、連結子会社のシード平和(株)がワンルーム139件(同:0件)を法人顧客に引き渡した。販売用アパートの販売件数20件(同:12件)、土地売り10件(同:5件)などの結果、セグメント売上高は339億1,200万円(前年同期比15.8%増)、営業利益は29億1,300万円(同17.9%増)となった。  通期については、売上高1,350億円、営業利益113億5,000万円、経常利益104億円、当期純利益65億円を見込んでいる。 https://www.re-port.net/article/news/0000062003