【緊急特集】新型コロナによるマンション販売の現状
2020年4月16日 15時30分
no image
 今、どの業界・業種においても新型コロナにより大打撃を受けています。不動産業もご多分に漏れず、工事現場では作業中止を余儀なくされる事などもありました。そんな中、マンション販売の現場ではどのような状況になっているのでしょうか?弊社スタッフよりマンション販売会社から直接お声を聞き、悲痛な叫びにも似た現場の声をまとめてみました。 ■東京都23区内で販売中の某分譲マンションギャラリー ホームページ上は、ゴールデンウィーク明けまで営業休止としていますが、実際は水面下で営業を行っており、問い合わせが来れば対応しています。 気持ち的には受け身ではなく、客を呼べるなら呼びたいと考えています。 とはいえ、集客はここ数日で激減しており、営業の方も時間を持て余しているので、勤務形態の変更を検討しています。 大々的に集客活動を行うことは出来ませんし、営業が外を出歩くことが不謹慎に思われる中、ポスティングや呼び込みも出来ません。 現在対応策を模索中です。 契約キャンセルも何件か発生しています。自営業者等、一部のお客様が先行き不安から購入を見送っている印象です。 ■某デベロッパーの物件全般 ホームページ上では、営業休止となっていますが、実際営業はマンションギャラリーに居り、お客様対応をしています。 原則は、既存客に対応(申込や契約等)で、新規のお客様に対しては、資料請求のみの対応となります。 表向きは上記の通りですが、どうしても説明を聞きたいという新規のお客様がいらっしゃれば別途、対応いたします。 本音は新規のお客様を呼んで営業したいという気持ちがもちろんあります。この自粛ムードのなかで、大っぴらに宣伝活動も出来ませんので新規のお客様に対する営業活動は実質ストップしています。 今後の方針は未定。 各社がどう対応するのか、を考慮して決めていきたいです。 ■東京都23区内で販売中の某分譲マンションギャラリー 会社の方針で自宅待機に切替ました。自宅待機中は、営業を再開した際の販売戦略を考える時間に使っていきたいです。今後の予定は未定。 ■東京都都下で販売中の某分譲マンションギャラリー 分譲開始したものの、お客様が殆どいらっしゃいませんでしたので、営業休止を検討中です。 また、こういったネガティブな内容一色かと思いきや、ポジティブなお話もお聞き出来ました。 ■東京都近郊で販売中の某分譲マンションギャラリー 4月に入ってから数日間で総戸数の5分の1ほど申し込みいただきました。 間取りはコンパクトタイプが中心。特に売れ行きが良い2LDKはすぐに完売するのではないかと思っています。 東京近郊で駅近、かつ価格設定が安価という希少性がこのような状況下にも関わらずご好評いただけたポイントだと考えています。 以前の購入検討のお客様からの問い合わせや、近隣の方が工事を見て気になって来場していただいたケースなどがありました。 新型コロナウイルスの影響で「新規への案内は控えてます」が、お問い合わせいただけたら対応いたします。 希少性のある特異な例ではお客様の来場もあったようですが、各社の状況はどこも厳しいようでした。また、お話をお伺いできましたら特集記事としてお届けしてまいります。 小山