【不動産ニュース】不動産経済研究所 19年度近畿圏M供給戸数は1万7,452戸|R.E.port
2020年4月17日 11時27分
no image
(株)不動産経済研究所は16日、2019年度(19年4月~20年3月)の近畿圏マンション市場動向を発表した。  新規供給戸数は1万7,452 戸、(前年度比13.1%減)。地域別では、大阪市8,861戸(同1.2%増)、大阪府下3,629戸(同17.4%減)、神戸市1,377戸(同42.2%減)、兵庫県下1,565戸(同32.2%減)、京都市808戸(同27.5%減)、京都府下13戸(同72.3%減)、奈良県260戸(同1.2%増)、滋賀県798戸(同7.7%増)、和歌山県141戸(同90.5%増)だった。  1戸当たりの平均価格は3,903万円(同変動なし)。平方メートル単価は69万1,000円(同4.2%上昇)と、7年連続の上昇となった。  同年度の平均月間契約率は73.1%で、前年度比1.3ポイントダウン。初月契約戸数は1万2,750戸(同14.6%減)、即日完売戸数は513戸だった。  なお、20年3月の近畿マンションの発売戸数は1,528戸(前年同月比5.5%増)。契約率は69.2%(同11.4ポイント減)となった。1戸当たりの価格は4,905万円(同11.4%上昇)と、1992年6月以来の高水準に。平方メートル単価も76万2,000円(同13.7%上昇)と、91年10月以来の高水準に。即日完売物件は3物件・23戸。3月末現在の継続販売在庫数は2,731戸。4月の販売戸数は500戸を見込む。 https://www.re-port.net/article/news/0000062038