【不動産ニュース】19年度の首都圏マンション、発売戸数3万戸割れ|R.E.port
2020年4月17日 11時29分
no image
(株)不動産経済研究所は16日、2019年度(19年4月~20年3月)の首都圏マンション市場動向を発表した。  同年度の新規供給戸数は2万8,563戸(前年度比22.0%減)と、1992年度以来の2万戸台に。地域別では、東京都区部1万3,131戸(同15.0%減)、都下2,454戸(同27.7%減)、神奈川県6,421戸(同22.5%減)、埼玉県3,624戸(同25.6%減)、千葉県2,933戸(同36.8%減)と、すべてのエリアで減少した。  1戸当たりの平均価格・平方メートル単価は6,055万円・90万1,000円(同2.2%上昇・同3.0%上昇)といずれも上昇。単価は8年連続のアップとなった。地域別では、東京都区部7,400万円・115万1,000円(同1.1%上昇・同0.9%下落)、都下5,460万円・79万2,000円(同2.9%上昇・同5.0%上昇)、神奈川県5,230万円・76万円(同2.5%下落・同0.3%上昇)、埼玉県4,414万円・63万円(同1.8%下落・同1.9%下落)、千葉県4,366万円・61万円(同2.6%上昇・同6.3%上昇)。  初月契約率は61.3%(同0.7ポイント下落)となり、4年連続で60%台を維持した。即日完売戸数は111戸で、販売戸数の0.4%。  なお、20年3月度の首都圏マンション発売戸数は2,142戸(前年同月比35.8%減)。新型ウイルスの影響が出始め、大幅減となった。契約戸数は1,500戸で、月間契約率は70.0%(同2.2ポイント下落)。1戸当たりの平均価格・平方メートル単価は6,156万円・97万3,000円(同6.0%下落・同2.7%上昇)となった。即日完売戸数は1物件2戸で、3月末の翌月繰越販売在庫は7,888戸。4月の発売戸数は1,000戸を見込む。 https://www.re-port.net/article/news/0000062037