【不動産ニュース】東急コミュニティー 全国緊急事態宣言で総会延期など依頼|R.E.port
2020年4月21日 09時00分
no image
(株)東急コミュニティーは17日、新型コロナウイルスに関する全国緊急事態宣言の発令に伴い、さらなる対応策を打ち出した。  基本的対応として、従業員は「緊急事態宣言」が解除されるまでの期間、原則在宅勤務または自宅待機とし、業務については一部縮小する。  マンション管理業務については、「お客様センター・設備緊急センター」の業務を、分散して勤務する等で対応。管理員は当面の間、勤務(受け付け・清掃)を中止。また、マンション内での感染防止のため、管理組合に対して、総会・理事会の延期または中止を要望する。保守清掃会社による点検業務・清掃業務は、原則として通常通り実施する。  マンション改修工事は、発令期間中、原則休工とし、着工延期、施工再開については個別に対応、協議していく。 https://www.re-port.net/article/news/0000062060