【不動産ニュース】ミサワホーム、新築住宅の構造体保証を35年に|R.E.port
2020年4月21日 09時00分
no image
 ミサワホーム(株)は20日、新築住宅の保証制度を改定した。2020年4月1日以降の受注・売買物件より適用とする。  新たな保証制度では、同社同時の木質パネル接着工法で建設した新築専用住宅の初期保証を構造体35年・防水30年に延長、業界最長クラスの保証制度を実現した。設備保証については、従来の5年保証に加え、入居後10年まで保証対応できる有償サポートプランを追加した。  同社では、従来から実施している維持管理保証制度と組み合わせ、構造体・防水・防蟻については住まいの耐久性診断と耐久工事の実施によって半永久的に保証を継続できる。また、すでに保証が満了している物件に関しても再保証制度を提供している。 https://www.re-port.net/article/news/0000062069