【不動産ニュース】TKP 新型コロナ対応で中計取り下げ|R.E.port

2020年4月23日 08時40分
no image
(株)ティーケーピーは21日、2020年2月期決算(連結)を発表した。  当期(19年3月1日~20年2月29日)は、売上高543億4,300万円(前期比53.0%増)、営業利益63億2,500万円(同47.5%増)、経常利益47億6,100万円(同17.5%増)、当期純利益17億4,300万円(同7.9%減)だった。  働き方改革やオフィス効率化の動きが継続する中で、堅調な業績を残した。また、19年5月に日本リージャス(株)を完全子会社化。従来の貸し会議室運営に加え、オフィススペースの時間貸し・短中期レンタル・サブスクリプションといった幅広いビジネス需要への対応体制を整えた。通期...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン