【不動産ニュース】ミカタ調べ 新型コロナ、「事業に影響」が約95%|R.E.port

2020年4月27日 09時00分
no image
 不動産業務支援事業のミカタ(株)は23日、新型コロナウイルスに関するアンケート調査結果を発表した。4月16~21日に顧客の不動産事業者128社を対象に調査した。  コロナウイルスによる事業への影響については、「出ている」が59.4%。「やや出ている」(35.2%)と合わせると、94.6%が「影響が出ている」と回答した。  売買市場における売り主からの問い合わせ状況については、売り主向け事業を実施していない会社を除いた101社中62社(61.3%)が「減っている」と回答。うち、「5割以上減った」は32社(31.6%)にのぼった。  賃貸事業を行なう91社に反響について聞いたと...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン