【不動産ニュース】サンフロンティア不動産 銀座のホテルでテレワークプラン|R.E.port
2020年4月27日 09時04分
no image
 サンフロンティア不動産(株)は、同社グループが運営する「日和ホテル東京銀座EAST」(東京都中央区、客室数135室)において、テレワークを支援するプランの販売を開始した。  新型コロナウイルス拡大防止策として在宅ワークが推奨されている中、「自宅では仕事に集中できない」「自宅にネットワーク環境がなく仕事ができない」といった声が多く聞かれることを受けて企画。ホテルの客室を、1週間または1ヵ月間単位でプライベートオフィスとして提供する。客室内にはWi-Fi、電源コンセント、PCを接続しモニターとして使用できるHDMI端末付きテレビ等を用意。ホテル内レストランでフリードリンクを提供するサービスも実施する。  9~18時の時間帯で利用できるデイユースプランは、1週間で2万5,000円(税別)。宿泊プランは、1週間で4万円(税別)、1ヵ月間で16万円(税別)。いずれも期間中、書類や大きな荷物は部屋に置いたまま利用でき、法人内での利用者変更も可能。  同ホテルは、2019年12月に開業。JR京葉線・東京メトロ日比谷線「八丁堀」駅徒歩4分、東京メトロ有楽町線「新富町」駅徒歩3分に立地。敷地面積約551平方メートル。鉄筋コンクリート造11階建て、延床面積約3,716平方メートル。  同プランは限定10室で提供する。 https://www.re-port.net/article/news/0000062113