【不動産ニュース】被害者補償型のスペースシェア専用保険を開発|R.E.port
2020年4月28日 09時19分
no image
(株)スペースマーケットはこのほど、損害保険ジャパン(株)と共同で、スペースシェアの利用で被った損害を被害者が請求できるスペースシェア専用保険を開発。4月より導入を開始した。  従来の保険は賠償責任保険で設計されていたことから、事故を発生させた加害者が保険金請求を行なう必要があり、スペースを借りる人(ゲスト)による毀損等が発生した際に加害者を特定できず、被害者であるスペースを貸す人(ホスト)が保険金を請求できないケースがあった。また、加害者から被害者に対する保険金支払いの請求がされても、書面での手続きが必要なため、保険金の支払いまで時間を要していた。  スペースシェア専用保険は、被害者であるホスト・ゲストが自ら被った損害を請求できる専用保険商品(被害者補償型)とし、被害者自身による保険金請求によって迅速な保険金支払いを可能とした。保険支払い限度額は1億円。  また、LINEチャットを活用した保険金請求サービスを付帯することで、保険金請求から損害の確認、支払先口座登録手続き完了までの期間を従来の2~3週間から最短30分に短縮することができるようにした。同サービスの導入は夏頃を予定している。 https://www.re-port.net/article/news/0000062125