【不動産ニュース】アットホーム 在宅でも物件確認の電話に対応できる「リモートワークオプション」を提供開始 ~不動産業界のリモートワークをサポート~ by PR TIMES
2020年4月28日 12時30分
no image
不動産情報サービスのアットホーム株式会社(本社:東京都大田区 代表取締役社長:鶴森 康史 以下、アットホーム)は、2020年4月27日(月)より、株式会社ライナフ(本社:東京都千代田区 代表取締役:滝沢 潔 以下、ライナフ)が提供するAIによる音声認識で物件確認の電話に自動応答できる「スマート物確」において、在宅勤務中も物件確認の電話を受電できる「リモートワークオプション」の提供を開始いたします。 店舗・事務所でしか受けられなかった物件確認の電話を、いつでもどこでもパソコンで受電できるようになります。2020年5月末までにご契約いただいたアットホーム加盟店に、本サービスの初期費用と月額利用料を無償でご提供いたします。本サービスの提供により、アットホーム加盟店がより柔軟にリモートワークに取り組めるようサポートいたします。 【「リモートワークオプション」の概要】 パソコンがあれば、場所を問わず物件確認の電話を受け取れるオプションサービス(※1)です。通常「スマート物確」では、「物件確認」(不動産仲介会社が顧客に物件を紹介する際に、事前に物件の成約状況や紹介の可否を不動産管理会社に確認すること)の電話に対して、一次対応を自動で行い、自動応答の対応範囲外の問合せについては、直接物件の不動産管理会社に電話が転送され担当者対応に切り替わります。 本サービスをご利用いただくと、自動応答でオペレーター転送が選択された際の問合せに対して、パソコンのブラウザ上から受電できるようになります(※2)。受電対応者の設定は最大10台まで可能で、パソコンとインターネットに接続できる環境があればどこでも電話対応できます。2020年5月末までにお申し込みいただいたアットホーム加盟店は、本サービスの初期費用と月額利用料を無償でご利用いただけます(※3)。 ※1 「スマート物確」基本契約プランのご契約が必要です。 ※2 動作保証ブラウザ:Google Chrome、Microsoft Edgeの最新バージョン。 ※3 別途通話時間に応じた通話料金が発生します。 【サービスリリースの背景】 このたびの新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言を受け、アットホーム加盟店がより柔軟にリモートワークに移行できる体制を構築できるよう、本支援策を実施するに至りました。本サービスの提供を通じて、店舗・事務所での対応が困難な状況下であってもアットホーム加盟店が業務を滞りなく進められるよう、引き続きサービスの開発・機能強化を行ってまいります。 【「スマート物確」とは】 2017年9月より、ライナフとの業務提携のもと、全国のアットホーム加盟店に対しAIの音声認識で物件確認の電話に自動応答する「スマート物確」を提供しています。専用の電話番号にかけると自動アナウンスが流れ、声に出した物件名をAIが音声認識して物件を特定、その物件の情報を自動応答します。音声認識での物件特定率は95%以上※と高い認識率を誇ります。 ※無作為抽出の1,000件より算出(2019年1月時点の株式会社ライナフによる調査結果) ■導入メリット ①自動音声対応で業務負担軽減  業務負担の軽減により、早期退勤の実現やコア業務への集中が期待できます。 ②24時間365日対応で営業機会拡大  営業時間外や定休日も対応でき、成約機会を逃しません。 ③受電分析が可能  導入後の効果測定や受電状況の分析・把握ができるので、オーナーへの報告・提案に活用できます。 リリース元:PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000051123.html