【不動産ニュース】共立メンテナンス 寮やホテル用い就学・就業支援プログラム|R.E.port
2020年5月8日 09時10分
no image
(株)共立メンテナンスは7日、学生向け「新型コロナウイルス就学支援プログラム」と社会人向け「新型コロナウイルス就業支援プログラム」を6月1日より提供すると発表した。  新型コロナウイルス感染症の拡大に伴いアルバイト等が制限され経済的に困窮した学生や、行動自粛により働き方、ライフスタイルが変化する社会人を対象に、同社が展開する学生寮・社員寮「Dormy」とビジネスホテル「dormy inn」を用いて支援する。  「新型コロナウイルス就学支援プログラム」では、学生寮「Dormy」の定額賃料を軽減。差額については、同社グループの(株)共立ファイナンシャルサービスが無利子貸し付けを行ない、学校卒業後に返納できるようにする。  「新型コロナウイルス就業支援プログラム」では、社員寮「Dormy」において、パソコン・プリンター・Wi-Fi等の通信環境が整備された個室を特別価格のマンスリー契約で提供する。ビジネスホテル「dormy inn」では、Wi-Fi完備の客室をウィークリー、マンスリー単位で予約する場合、特別価格で提供する。提供客室数は3,000室、提供期間は2021年3月末まで。 https://www.re-port.net/article/news/0000062171