【不動産ニュース】買い物を3日に1回は無理だった!? 混雑を避けるベストな時間帯は? 東京都の要請前後1週間の買い物を比較してみた|by PR TIMES
2020年5月11日 14時00分
no image
消費者と企業を購買データでつなぐ「CODE for Business」調べ 株式会社リサーチ・アンド・イノベーション(本社:東京都港区、代表取締役:中岡邦伸、以下「RNI」)は、運営する「レシートがお金にかわる家計簿アプリCODE(コード)」(https://code.r-n-i.jp)で登録された、大量のレシートと商品バーコード情報を基に、4月23日(東京都から“買い物は3日に1回程度に”という外出自粛要請が出た日)を境とした前後1週間(2020年4月16~22日、24~30日)の、東京都の消費者のうち12,119人(2020年2月から4月まで毎月1回以上、買い物登録*をしている東京都のCODEユーザー)の買い物データを調査いたしました。買い物した回数、日数、時間帯、合計金額、購入商品点数などの比較データ等、その内容を公表いたします。 <買い物自粛要請前後における買い物日数の変化> 買い物自粛要請前期間(2020年4月16~22日)と買い物自粛要請後期間(24~30日)の各1週間の買い物日数を比較したグラフです。 1週間の平均買い物日数は、要請前3.25日、それに対し要請後は3.17日と、ほぼ変わっておらず、1週間に4日以上買い物した人がむしろ微増しているのが分かります。 <買い物自粛要請前後における買い物回数の変化> 買い物自粛要請前期間(2020年4月16~22日)と買い物自粛要請後期間(24~30日)の各1週間の買い物回数を比較したグラフです。 1週間の平均買い物回数は、要請前6.25回、それに対し要請後は6.12回と、ほんのわずかに平均値は下がっているものの、ほとんど変わらない結果となりました。 ただし、0回の人数が少し増え、20回以上の人が少し減ったのは、要請の影響なのかもしれません。 <買い物自粛要請前後における購入時間帯の変化> 買い物自粛要請前期間(2020年4月16~22日)と買い物自粛要請後期間(24~30日)の各1週間の買い物した時間帯を比較したグラフです。 買い物した時間帯は、要請前後の1週間で、若干の変化が見られました。 要請後のほうが、要請前と比較して、9時~14時台が増加、一方17時以降の減少が顕著です。 店舗の営業時間に影響されていると考えられますが、日中の時間帯で混雑を避けるには、13時台が比較的良いようです。 <買い物自粛要請前後における購入商品点数の変化> 買い物自粛要請前期間(2020年4月16~22日)と買い物自粛要請後期間(24~30日)の買い物したレシート1枚における商品点数を比較したグラフです。 1週間のレシート1枚における平均購入商品点数は、要請前5.68点、それに対し要請後は5.80点と、わずかに要請後のほうが商品点数が増えています。買い物回数を抑えようとする影響が出たのでしょうか。 <買い物自粛要請前後におけるレシート合計金額の変化> 買い物自粛要請前期間(2020年4月16~22日)と買い物自粛要請後期間(24~30日)の買い物したレシート1枚における合計金額を比較したグラフです。 1週間のレシート1枚における平均合計金額は、要請前1,695円、それに対して要請後は1,832円と、1レシートにおける金額は137円増加しています。 <購入された商品カテゴリ(*2)のランキングの変化> 買い物自粛要請前期間(2020年4月16~22日)と買い物自粛要請後期間(24~30日)の各1週間の購入された商品カテゴリTop30を比較した表です。 買い物自粛要請前からの巣ごもり消費で内食需要は元々高かったものの、要請後は買い物する日数を抑えるためなのか、「農産物」が大幅にプラス、また手軽に調理できる「生麺・ゆで麺」や、免疫力を高める食材として一部スーパーでは品薄の「納豆」「豆腐」等が増加しています。 *:買い物登録とは、CODEアプリでレシートと購入した商品のバーコードをスキャンして登録することです。 *2:商品カテゴリは、一般財団法人流通システム開発センターのJICFS(JANコード統合商品情報データベース)を基にしております。 < CODE for Business提供開始> CODEアプリで取得した購買ならびに口コミなどのビッグデータを、閲覧・分析・活用できる “消費者と企業を購買データでつなぐツール「CODE for Business」” を企業向けに提供開始しました。興味のある方はこちらからお問い合わせください。( https://r-n-i.jp/contact/?ctg=codeforbusiness ) CODE(コード)とは 買い物のレシートと購入商品のバーコードをスキャンすることで、各種提携ポイントに交換可能なポイントが当たるスマートフォンアプリです。(ポイントは提携サービス経由で現金にかえることも可能) 消費者が楽しんで利用した結果、ポイントにも家計簿にもなる一石二鳥のアプリです。 登録された消費者の買い物に関するビッグデータやアンケートなどは、企業がマーケティングに活用し、その一部を報酬として消費者に還元しております。なおCODEは特許(*3)も取得しています。登録ユーザー数は150万人を超え、月間商品登録数も2000万点、口コミなど購入者の商品評価数も累計3000万件を超え、20〜50代の女性に多く利用されています。 *3:複数の特許を取得しています。(特許第5980448号、特許第6425297号) <CODE紹介サイト> https://code.r-n-i.jp <CODE iOS版> https://itunes.apple.com/jp/app/id879385562 <CODE Android版> https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.r_n_i.code.point.app リリース元:PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000004624.html