【不動産ニュース】緊急事態宣言延長を受け、業界団体が対応|R.E.port
2020年5月12日 09時25分
no image
 緊急事態宣言延長を受け、業界団体が新型コロナウイルスのこれまでの対応を継続すること、新たに対策を講じることを発表した(5月11日時点)。以下、順不同。 ◆(公社)全国宅地建物取引業協会連合会 ・5月29日まで時差出勤、在宅勤務を継続 ・15日まで、書式相談業務を休止。18日より電話転送方式による相談業務を再開する予定 ・15日まで弁護士電話法律相談業務を休止。22日より再開する予定 ・18日の税理士電話税務相談業務を休止。6月15日より再開する予定 ◆(公社)全日本不動産協会 ・総本部事務局の業務時間を10時30分~15時30分に短縮 ・12日より、全日不動産相談センターは受付を13時~15時とする(火曜・木曜) ・操作に関するコールセンターは電話での受付を休止し、インターネットの問い合わせフォームからのみ受け付ける ◆(一社)不動産流通経営協会 ・当面の間、総本部事務局の業務時間を10時30分~15時30分とする ・12日より、全日不動産相談センターの受付時間を毎週火・木曜の13時~15時とする ・会員向け契約書関係操作のコールセンターは、当面の間電話での受け付けを休止。インターネットの問い合わせフォームからのみ受け付ける ◆(一社)日本ビルヂング協会連合会 ・第80回定時総会にかかる参加申込金返還手続きを開始 ◆(公財)不動産流通推進センター ・不動産相談、教育事業に関する問い合わせの電話受付時間を11時~15時に変更 ・公認不動産コンサルティングマスター関連の更新手続きを、6月30日から9月30日に再度延期 ◆(公財)日本賃貸住宅管理協会 ・4月25日から停止していた賃貸住宅に関する新規の相談受け付けを11日より再開 ・職員の在宅勤務、緊急事態宣言対応のための業務体制変更は継続 ◆(一社)マンション管理業協会 ・法定講習「管理業務主任者資格登録に係る登録実務講習」、「管理業務主任者証の交付に係る講習」について、5月31日までの開催分を延期とする ◆(一社)全国住宅産業協会 ・5月29日まで、事務局職員の交代勤務制とする。業務時間は9~16時30分とし、宅地建物取引士法定講習の来所による受付業務は中止とする ◆(一社)日本ツーバイフォー建築協会 ・緊急事態宣言発令期間は在宅勤務を継続 ◆(一社)日本木造住宅産業協会 ・5月31日まで主宰する講習会、セミナーの開催を取りやめる https://www.re-port.net/article/news/0000062206