【不動産ニュース】GTN、世界中どこからでも非対面で賃貸契約!外国人専門オンライン仲介サービスを5/11から提供開始 |by PR TIMES
2020年5月13日 12時00分
no image
~新型コロナウイルス禍でも安心してお部屋探し・内見・契約までを7ヶ国語対応で完結~  外国人専門の生活総合支援事業を展開する株式会社グローバルトラストネットワークス(以下GTN、本社:東京都豊島区、代表取締役社長:後藤 裕幸)は、日本国内・国外に住む外国人向けに、部屋探しから内見・契約までを非対面で完結できるWeb会議システムを活用したオンライン仲介サービスを2020年5月11日から提供開始いたします。非対面サービスにより、新型コロナウイルス禍においてもお客様の安全を確保し、7ヶ国語の言語対応でさらなる利便性の向上を実現します。 【背景】  新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令により、外出自粛を余儀なくされ、住み替えや不動産事業者への来店を控える動きが広がっています。そういったなかで非対面型での賃貸契約の需要は高まっており、また、感染拡大の収束後も対応スピードや利便性の面から、引き続き非対面サービスへのニーズはさらに増えると考えられます。  GTNは、言葉や習慣の問題からこういった非常時に特に不安を感じやすい外国人の方々に寄り添ったサービスを提供し、世界中どこからでもオンラインで完結する賃貸仲介サービスを通じて、お客様の利便性の向上と満足度アップを実現します。 【オンライン仲介サービスの概要】 ・ 対応言語:7言語(日本語・英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語・ベトナム語) ・ 利用料:無料(スタッフがWeb会議システム用のURLをお送りしますので、アプリをダウンロードのうえご利用ください) ・ 受付時間:24時間365日 ・ 詳細&お申し込み:以下のURLをご確認ください  http://urx3.nu/W6iG 【特徴】 ・ 世界中どこからでも賃貸契約が可能  来店不要のため、日本に来る前にスタッフと相談しながらお部屋を決めることができます。 ・ 相談~内見~契約までオンラインで完結  リアルタイムの画面共有で、物件のご案内・内見・重要事項説明・契約が全て非対面で行えます。 ・ オンライン内見で知りたいことはスタッフが代わりに確認  部屋の採寸やコンセントの位置、電波が通じるかなど、知りたいことは代わりにスタッフが全て確認します。(一都三県、大阪、京都、兵庫) ・ 外国人専門の仲介サービス  GTNは外国人専門で15年の実績があり、160カ国以上の外国人の方々のニーズに対応しています。 ・ 入居後の生活サポート  GTNの家賃保証サービスをご利用の方には、専用アプリを通じて生活上の様々なトラブルやご相談を多言語で解決いたします。(月内解決率97%以上) 【サービスの流れ】 Step 1:オンライン面談の予約(お申し込みはこちらから→http://urx3.nu/W6iG) Step 2:スタッフがお客様の希望に合わせて物件をご紹介 Step 3:オンライン内見!リアルタイムの画面共有で物件を確認 Step 4:希望物件のお申し込み Step 5:入居審査(審査承認後、ご入金の必要がある場合があります) Step 6:オンライン重要事項説明書の説明(STEP5 入居審査後、弊社より契約書類を郵送します) Step 7:オンライン契約(STEP6 オンライン重要事項説明後、続けて契約まで行います) Step 8:諸費用の入金 Step 9:鍵の受け取り ※ZoomおよびZoom(ロゴ)は、Zoom Video Communications, Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。 ■GTNについて 「外国人が日本に来てよかったをカタチに」をビジョンに、創業から一貫して外国人専門を掲げ、住環境の整備をはじめとする生活総合支援を行う。家賃債務保証事業を主軸に、不動産仲介・就職支援・携帯電話・クレジットカードなど多種多様な独自サービスを展開。 社員の7割が20ヵ国の外国籍メンバーで構成され、言語・文化の違いを理解したうえで様々な事案に対応。家賃債務保証事業においては、賃貸住宅の情報提供から家賃債務保証、入居後の生活サポートにいたるまで、日本での生活を始める外国人の方を全般的に支援するサービスを提供している。 リリース元:PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000054071.html